スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つどいに350人!

半年前から準備してきた第3回目の「北区9条のつどい」が7月19日に終了しました。

多くの皆さんのご協力で、交通の便の悪い北区にもかかわらず、約350人が集まった。

tsudoi08pic3

最初は、素敵なコーラスを聴かせてくれたセレスティーナ男声合唱団。
とっても丁寧で繊細な演奏で、井上陽水の「少年時代」が特に染みいりました。
期せずして会場からアンコールの声が湧いた。

tsudoi08pic1n

続いて、伊勢崎賢治さんの講演。
プロジェクターを使って1時間半、最後の結論に向けて、アフガンを例にして紛争現場の現実を見せつける。

tsudoi08pic2

一旦始まった戦争を納めることが如何に困難で、そこでは「正義か平和か」の二者択一すら迫られるという現実。国連さえ「中立者」と認めてもらえない現場で、9条を持つ国日本だからこそ「中立」として認めてもらえた「美しき誤解」という現実。そして、あの驚愕の武装解除を行った自らを、ブッシュの「悲しき共犯者」であるとし、「武装解除」だけが成功して「力の空白」を作ってしまった事への慚愧を述べる。

なんて人だろうと思った。あれだけのことをやっておきながら、その自慢を全くせず、自分の抱える矛盾、悩みを隠さない。その上で、なぜそうしたのかを率直に語る。それは、「これ以上犠牲者を出したくない」、その一点のみだと・・・

うーーん、格好良すぎだよ。

そして、現場の現状を見せられ、これまで単純に日本の国際協力は貧困対策などの援助だけで良いと考えていた護憲派の常識を破壊し、混乱させた後、最後の結論へと導く。

「戦争は、どんな理由があろうとも絶対にしてはいけない」

一旦戦争が始まれば、悲惨な状況となるだけでなく、それを終わらせるには、モラルをも捨てざるを得ない。それを避けるのは、戦争をしないという選択枝しかない。
という事だろう。

他にも、NATOの集団的自衛権を根拠とした作戦(OEF)へ協力をする新テロ特措法(OEF-MIO)が、全く関係のない国連の国際治安支援部隊(ISAF)の決議を法的根拠にしているデタラメさや、地位協定と国際刑事裁判所(ICC)の問題など、他所ではあまり聞いたことが無いがとても大事なお話もしていただいた。

伊勢崎さんには、懇親会にもお付き合いいただきありがとうございました。
なお、そこでの話はお酒が入ってましたので内緒にしておきます。(笑
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地位協定と自衛隊

 あついなあ・・・・・こんな日は練乳とあんこの入ったかき氷がたべてたい・・・ああ・・書いただけで、本当に食べたくなってきた・・・・...

心に響くうた・・・「手紙」 byアンジェラ・アキ

毎日、イヤ~なニュースばかりで・・・ なんとか自力で爽やかな気分にするのも、ほんと大変だわ。 夏は好きだけど、ただでさえ暑苦しいんだ...

オリンピック と 戦争

これ、人類最大の疑問かもしれません。 なかなか明快な答えはないし、大変ですね~。 お玉さんしかレフリーはできないかも?^^; 興味が...

メディアと自民党 “仲良く”ボウリング(「しんぶん赤旗」日刊紙2008年8月25日2面)

 自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」

comment

管理者にだけメッセージを送る

もうやめてくれ。

日本の周辺国はみな覇権国家です。
自国の利益のためには戦争してきました。
日本は加害者になってはいけないし、日本は被害者にもなってはいけないと思います。
非武装では国家は成立しません。


アメリカ、中国、ロシア、北朝鮮、韓国。
みんな戦争国家です。台湾でさえ尖閣諸島の問題に関して「開戦を辞さない」と言っています。

『諸国民の間の公正や信義によって・・・・・』
と言う前文が全く意味をなさない事に日本人は早く気付くべきですし、
そうした周辺国の現状にもっとも警鐘を鳴らすべき九条の会がなぜ沈黙しているのでしょうか?

平和を希求する九条の会の皆さんは、日本の平和を乱す恐れのある周辺国に対してなぜ声を上げないのでしょうか?
アメリカには声を上げていますね。イラク戦争の際もそうでした。
しかし、中国に対してはどうでしょうか??
中国の周辺国に対しての覇権主義的姿勢と植民地支配。チベットやウィグル自治区などは完全に民族浄化が進行しています。また核装備の原子力潜水艦が日本の領海を侵犯し、日本の領海内のエネルギーを虎視眈々と狙っています。

ロシアは今現在侵略を進行中です。しかし九条の会の皆さんからは、日本と国境を接しているにもかかわらず、領土問題を抱えているにもかかわらず、なんら声が聞こえない。

北朝鮮は核開発を推進し、先軍政治を継続し自国民を飢餓地獄へと追いやっています。
これにはどうなんでしょうか?自衛隊を批判する前に日本のすぐ近くの軍事独裁国家を警戒すべきではないでしょうか?
また、九条の会から実際に日本の平和を乱した拉致事件についての批判が全く見られない事も不自然です。九条の会が掲げる平和、人権などを大きく逸脱し、同じ日本人が悲しみに暮れているにもかかわらず、何ら協力的な態度が見られないのはどういう事なのでしょうか?


韓国はどうでしょうか?近年の軍事拡張路線は眼を見張るものがあります。日本領土である竹島の名前をつけた「独島艦」という強襲上陸艇を進水させました。また同じく日本領竹島で大規模な軍事演習を行い挑発的非平和的な行動を繰り返しています。

同盟国のアメリカもその軍事力いつ日本に向けるか解ったものではありません。


九条の会の皆さんが、中国について、ロシアについて、北朝鮮について、韓国について、なぜ声を上げないのか?不思議でなりません。


お返事が遅くなりました。

コメントに気がつかず、お返事が遅くなったことをお詫びします。

> 日本の周辺国はみな覇権国家です。

全部ではないと思いますよ。
韓国も北朝鮮も台湾も、他国を武力侵略しようとしているわけではありませんから、覇権主義の国とは言えないでしょうね。

また、領土問題がある=覇権主義とも言えないでしょう。
もしそれが成り立つなら、韓国側から見れば日本も覇権国家になってしまいます。

> 非武装では国家は成立しません。

2点で、勘違いされています。

まず、「九条の会」=「非武装」ではありません。
個々のメンバーには、色々な考えの方がいらっしゃいます。
自衛隊の海外派遣を認めるべきという「九条の会」のメンバーすらいらっしゃいます。

そして、世界にはすでに非武装で立派に成立している国が沢山あります。

>『諸国民の間の公正や信義によって・・・・・』
>と言う前文が全く意味をなさない事に日本人は早く気付くべきですし、

引用するときには正確にお願いします。
正しくは、
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
ですね。

で、これを「諸国の公正と信義を信頼して」と、勘違いして批判する方が多いですね。
でも、これは、
「どんな覇権国家、独裁国家にも、平和を願い、愛する諸国民がいる。そうした諸国民の公正と信義を信頼して」という意味であり、「米国や中国や北朝鮮の公正と信義を信頼して」という意味などでは全くありません。

>そうした周辺国の現状にもっとも警鐘を鳴らすべき九条の会がなぜ沈黙しているのでしょうか?

そんなことないでしょう。
日本が他国の戦争に巻き込まれる=憲法をまさに踏みにじる事態(イラクへの自衛隊派遣など)には、一番敏感に反応して声を上げるのは当然ですが、憲法前文には、以下のように書かれています。

「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

つまり、日本周辺はもちろん、世界の平和構築に積極的に平和外交を行うのだという「積極的平和主義」を宣言している部分です。

ですから、国連や国際外交などの場で、平和の前進に積極的に日本が関わることをこそ、「九条の会」は求めています。
実際、日本は現憲法に従って、小型武器の規制など、多くの実績と信頼を国際舞台の場で勝ち取ってきています。今後、その辺の記事もぼちぼち挙げていきたいですね。

>九条の会の皆さんが、中国について、ロシアについて、北朝鮮について、韓国について、なぜ声を上げないのか?不思議でなりません。

あらあら、それは私の認識と全然違いますね。
武力により一般市民を弾圧・殺害する行為については、どこの国であろうと区別無く批判していますよ。少なくとも、当会や当会の会員はそうです。

それとも、いちいち全てを文章で発表してないと批判していないとでも?

No title

対馬は韓国領土だとか、北朝鮮が東京を火の海にするとか
主張してても覇権国家じゃないと言い切れるなんて凄いな。
まあ、なに言っても無駄だろうけどさ。

覇権国家

>対馬は韓国領土だとか、北朝鮮が東京を火の海にするとか主張してても覇権国家じゃないと言い切れるなんて凄いな。

うーん、そう言ってたら「覇権国家」だという主張こそ凄いというか、常識外れというか・・・

現在、覇権国家と反体制派などから呼ばれることがある国は、アメリカ、中国、ロシアだけです。それが正当な評価かどうかはともかくね。ですから、北朝鮮や韓国が「覇権国家」だなんて、誰も言いませんよ。
プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。