スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント欄の質問に答えて

GAKUさまから、コメントを頂きました。ありがとうございます。

いくつかご質問、ご指摘をいただいているようですが、コメント欄では十分に伝え切れませんので、記事にして管理人の考えを述べてお答えとしたいと思います。
なお、護憲を訴えているといっても、それぞれにその理由や考え方は千差万別ですので、あくまで管理人個人の考えとして受け止めていただきたく思います。
みなさんは、どうして現実を見ようとしないのですか?
どうして現実の上に立った、平和活動を展開しようとなさらないのですか?
私は、アメリカが過去にベトナムやイラクなどで戦争を起こし、今後はそういった戦争に自衛隊を組み込んで米軍の片代わりをさせようと圧力を強めている現実。そして、関岡英之氏の「拒否できない日本」で示されているように、何でもアメリカ言いなりの日本政府という現実。そして、自民党が作成した「新憲法草案」が、「集団的自衛権の行使」を容認し、憲法から自衛隊の行動への縛りをなくそうとしている現実。まだまだ沢山ありますが、それらの現実を直視して、「アメリカの戦争に日本を巻き込もうとするような憲法改正」に反対しています。 このように、現実を直視しているからこそ、今の憲法を守らないといけないと感じているわけです。

もちろん、未来永劫変えてはいけないと考えてるわけではありません。憲法は、国民が国家権力に対してすべきこと・すべきでないことを規定するもので、国民だけがそれを変える権利があります。ですから、国民からの変えたいという多数の要求がおこって初めて、憲法改正が議論になるべきですし、多数が望むなら、当然そのように変えるべきです。 しかし今問題となっている改憲は、政府・与党主導で行われています。規制される側が、自分たちを規制する法を変えようしているわけで、これだと「かっ飛ばすのが好きだから制限速度を変えちゃおう」というのと同じで、立憲主義の精神にも反します。このように、手続き上でも問題があると考えています。
あなた達がやっている事は、ひたすらに現憲法にこだわり続けているだけで、どうすれば平和な世界でい続けられるのかといった積極的具体的な言動が一つもありません。
「9条の会」のスローガンは、「憲法9条,いまこそ旬」です。憲法9条の理念を生かすことこそが、世界平和の実現に、もっとも現実的に役立つという考えからです。また、多くの方が、なぜ現憲法を生かす事が、今世界平和の実現に役立つのかを語っていらっしゃいます。ぜひそういった意見も参考にしていただきたいですが、ここでは、私の考えを述べたいと思います。

まず、世界情勢の見方ですが、この間、イラク戦争に多くの国が反対するなど、「国際紛争は話し合いで」という世論が、国連などを中心にますます強まっています。そして、アメリカのやり方は、ますます混迷と孤立を深めています。世界第一の圧倒的軍事力をもっていても、イラクでもアフガンでも結局失敗しています。テロを防ぐことも出来ませんでした。やはり日本国憲法や国連憲章が定めている「国際紛争は話し合いで解決する」というアメリカ以外の世界の流れに沿った方法こそが、もっとも現実的で、安全で、確かな方法であると考えます。そして、憲法9条をもつ日本は、その紛争解決の仲介者にもっとも相応しい国であると思うのです。憲法全文の「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」という決意を、いまこそ生かすべき時です。 そうして、国際平和に日本が積極的に寄与することこそ、日本の最大の安全保障であると考えます。ですから、「いまこそ旬」なのです。

このように言うと、北朝鮮や中国が攻めてきたら?という質問をされるかもしれません。これにも、多くの方が答えていますが、そこまで広げるとキリがありませんので、今回は伊藤先生のご意見(こちら)を紹介しておきます。

また、あのアメリカでさえ、北朝鮮とは軍事ではなく話し合いで解決しようとしている「現実」を良く見るべきだと考えます。

今回の護憲政党の敗北に終わった参院選の結果が表しているじゃないですか!大多数の国民は、改憲の上での平和の存続のあり方を考え始めているのに、貴方たちは・・・・。
今回の選挙は、残念ながら憲法が中心争点になりませんでした。ですので、国民の判断が下されたとは考えていません。実際世論調査などでも「9条改正反対」が国民の過半数を占めていますので、もし憲法が中心争点になっていたら、もっと違った結果になり得たと考えます。憲法を大きな争点に押し上げる事に失敗したという点では、護憲派の敗北であったとは考えていますが、それをもって「大多数の国民は、改憲の上での平和の存続のあり方を考え始めている」というのは、同意できませんし、各種調査の結果とも一致していません。

自分たちだけが、平和について真剣に考えている思っていたら、大間違いですよ。
これは大変心外ですね。平和を願うからこそ自衛軍を認め、国際貢献に生かすべきだ、そのために憲法改正に賛成するという方は、私の友人にもいますし、その方たちも平和について真剣に考えている方々です。そして、そういう改憲派だけれども、「安倍内閣や自民党が進める改憲は、自分たちの望む改憲ではないから反対する」という方がこの間随分増えました。そういう立場で、私たちの「9条の会」に参加して下さっている方もいらっしゃいます。このように、平和について真剣に考える方は、たとえ改憲派であろうとも仲間だと思っています。

以上、護憲ブログの管理人の戯言でした。
少しでも参考になりましたら、望外の喜びです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

党派の壁を越えて平和を語りたい

今日は平和行進に参加してました。暑かった・・・・でも、62年前もこんな天気の良い暑い日に原爆は投下されたのですよね。どんなに辛く、苦しい状況だったか・・とてもイメージする事はできないけれど、年に一度、この時期くらいこうやって歩きながらそのときの状況に思い

終戦記念日に日本共産党の街頭演説を聴きました

 ここ数年、8月15日に日本共産党街頭演説を聴くのは私のライフワークの1つです

安倍内閣閣僚が靖国神社参拝を自粛する中で、唯一参拝した高市早苗大臣に関する皮肉

 今度から私は彼女の事を、 高市早苗 (たかいち・さなえ) ではなく、 タカ派市

『政権担当能力』

 喜八ログの記事『政権担当能力』の内容に共感しました。よそからの引用らしいのです

お引っ越し完了

きょうから本格的にこちらへ引っ越しています。以前の記事はお玉おばさんでもわかる政治のお話 ライブドア版http://otama.livedoor.biz/でどうぞ!! しかし~~今週はずっと山奥にこもっていたので、政治

「9条世界会議」の呼びかけ

 9条世界会議のサイトが出来たようです。  9条世界会議    私たちは、アジアや世界の市民・NGOと交流する中で、戦争の放棄と軍隊の不保持をうたった憲法9条が日本にとって平和の礎であるのみならず、平和を願う世

「9条世界会議」の呼びかけ

 9条世界会議のサイトが出来たようです。  9条世界会議    私たちは、アジアや世界の市民・NGOと交流する中で、戦争の放棄と軍隊の不保持をうたった憲法9条が日本にとって平和の礎であるのみならず、平和を願う世

ブログと人生…人生って何だろう??

今日那覇空港で、中華航空機が炎上したニュースは、つい先日、520名死亡から22年目を迎えた日航123便のことを偲んでいただけに、ドッキリさせられました。幸い死傷者は出なかったようでホッとしています。「人

日本は軍事国家ではないぞ!秘密協定は全て公開せよ!(8/22)

秘密協定といえば85年、国民の猛烈な反発をくらい廃案となったスパイ防止法が頭に浮かぶが、これは軍事機密保護を目的に、取材活動や国民の行動まで規制する、戦中を彷彿させる悪法であった(…と私は思っている)最近、マダ

ブロガーの統一戦線結成は可能か?

ブログを始めて3週間が経過した。simanto114がこの世界では初心者であるのは、紛れもない事実だが、様々なブロガーたちを巡ることで、(と言ってもまだ100名にも満たないが…)この世界の大まかな様子が分かってきた。

ちょっと一息~日々雑感

先日の高校野球決勝戦~simanto114が懸念を表明した、広陵の監督さん…やってくれましたね。審判の判定に文句をつけて、高野連から注意を受けてしまいました。私は、高野連のまわし者ではありませんが、あまりにも「おそ

自民党の補完勢力は共産党独自候補ではなく、自民党と選挙協力する政党だ!【衆議院小選挙区選挙において】

「共産党独自候補は自民党の補完勢力だ」  誰がこんな↑ウソ八百言い出したのか分か

内閣支持率1ケタ目指す安倍“怪増”内閣発足とそれに対する日本共産党のコメント~『しんぶん赤旗』日刊紙8月28日1面~

 改憲・「構造改革」に固執 安倍改造内閣が発足 国民の審判に反省なし  http

原発は日本に必要か?【原発支持派必読のはなし】(029)

みんなでつくろう 「国民の、国民による、国民のための政治」を 先日、久し振りにテレビを見た(8月は来客が多くて、ほとんどテレビを見ていない…少し賢くなったかな?)NH...

『政治とカネ』の問題に収拾がつかない安倍改造内閣に提供したい歌のパロディー(笑)

 改造内閣「政治とカネ」 早くも不正ゾロゾロ 安倍首相「去ってもらう覚悟」はどこ

電子投票は慎重に検討すべき。民主主義の不完全な今の日本での拙速な導入を強くいましめたい。

今国会で審議されている、そのわりには新聞であまり詳細な報道を見ない電子投票について考えるとき、大前提となる私の認識は、「日本では...

不正を生む可能性が少しでも残る投開票方法の拙速な導入は民主主義に仕掛けられた時限爆弾です (電子投票をめぐって)

前回に続いて、選挙制度というか投開票方法を不正や誤りの入りやすいタイプの電子投票にしては絶対にいけない、というお話を続けます。投...

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人様

わざわざ私の拙いコメントに対しお返事を頂き、ありがとうございました。
正直、私は文章力が乏しい為に、自分が主張したい事を上手く書く事ができませんが、私の考えを少し述べさせていただきたいと思います。

まず私は、戦争好きなアメリカが嫌いです。ですので、現在の日米同盟下で、日本国土に米軍がこれだけ駐留している現状がどうしても我慢できません。ですので、日本も世界のどの国でも普通に保持している自衛軍(国防軍)を持ち、自分達の国土は自分達で守ると言う、独立国として当然の国防に対する意識・体制を築く事で、初めてアメリカに対し、対等にモノが言えるのではと考えています。私はイラク派兵に反対でした。しかし、有事の際に戦争好きのアメリカに守ってもらおうと大多数の日本人が思っている現在の状況下では、不本意ではあっても、アメリカと行動を共にせざるをえない場面もあるのかなと考えます。今のままでは、よく言われますが、日本は本当の意味での独立国とは思えず、アメリカの属国であると言っても、過言ではないと思います。

以上から、憲法を改正して国防軍を持つ事で、自分たちの意見、つまり「アメリカ単独による無意味な軍事行動に日本は一切加担しない」と言う意思表明を堂々とアメリカにする事ができるのではないでしょうか?それはつまり、日本が自分たちの意思で、平和であり続けられる事を意味すると考えるのですが・・・。

乱文にて、失礼しました。

 

GAKUさんのコメントを見ながら、自分の青春時代を思い出しました。若い時は紆余曲折常に頭をぶつけながら人間は育つものです。私は育ちすぎてトウが立ってしまいましたが・・・。
主張されるように、日本はまだ本当の独立国ではありません。それを、完全な独立国であると錯覚するから問題がややこしくなるのです。日本が、本当の意味で独立国でないことを素直に認めることから、次の課題が浮かび上がってきます。具体的な話は、長くなるので省略しますが国は、軍隊がなくても守れます。直近の例としてはレジスタンスがあります。例え他国に占領されても、住民同士の連帯により、抵抗運動を組織することができます。国を守る、国民の団結とプライドを守ることは、軍隊はなくともできることです。ただその時、国民の立場に立ち、国民を守る軍隊があれば言うことはありません。しかし、GAKUさん、世界の歴史を学習してみませんか。軍隊が自国の国民を守ったことは、自国の国民を弾圧した数に比べいかに少ないかということが分かりますよ。例えば、この前の戦争で威張り散らした関東軍は、ソ連が攻め込んでくる情報をキャッチした途端、満州に移住させた多数の日本国民をを見捨てて、自分たちだけさっさと逃げ出してしまったではありませんか。日本が本当の独立を勝ち取るためには、軍隊の有るなしではなく、せっかくいただいた憲法の立場に立ち、日本ならではの独自の外交政策を推進できる政府を作り上げることが先決であると私simanto114は思います。歴史を作る道は、長く果てしなく、そして厳しいものです。その道は多くの国民の血と涙で固められていくものだと私は思っています。

simanto114さん

simanto114は「関東軍が威張り散らした」と、おっしゃっていますが、具体的にどのあたりまでの行動についての事をおっしゃってるのでしょうか?関東軍の存在自体についてですか?

あと、「関東軍は、ソ連が攻め・・・」のくだりですが、私も確かに、守るべき日本人を見捨て、我先に退却した関東軍には言葉もありません。しかし、今回の私の話している内容からは、ご指摘が少しずれているのではありませんか? なぜなら、私が言う自衛軍は日本国土にいるのであり、外国に逃げる事ができませんからね。

GAKUさんへ

関東軍が、どう威張り散らしたか、枝葉末節の問題だと思いますが、気になるならまず自分で御調べなさることです。

自衛軍が自国にいようが、他国にいようが、国民を見捨てて逃亡した事実は変えられません。また、日本国内においても、沖縄の日本軍は、住民を矢面に立たせ自分たちは、積極的に前線に出ず逃げたではありませんか。

関東軍については、自分なりに色んな書物を読んで、自分なりに当時の行動について評価はもちろんありますよ。その評価が正しいかどうかは別としてですが。 逆にそうでないと、simanto114さんに質問なんか、失礼でできません。

根本的に、日清・日露戦争と勝ち続けてきたことで、結果的に傲慢になってしまった当時の帝国陸軍は、最終的に軍隊として機能不全に陥っていたことは事実だと思います。ですが一方で、日本にいる肉親を思い戦っていた日本人が存在した事実を、私は否定しませんし、もっと言えば誇りに思っています。(simanto114には、理解出来ないでしょうが。)

simanto114はもしかして、古今問わず軍隊という存在に否定的なお考えをお持ちなのでしょうか?


GAKUさま

コメントありがとうございました。

おおよそ「自衛軍を持つことで、日本はアメリカから真の独立を果たし、自主的な外交が出来るのであり、そのためにこそ憲法改正が必要だ」といったご意見と理解させていただきました。

私の知人にもそういった意見を持っている方がいらっしゃいますので、お気持ちはよく理解できます。
しかし私は、
・自衛軍なしにはアメリカから独立できないのか?
・自衛軍を持って本当にアメリカから独立して自立できるのか?
という議論の前提条件に、疑問といいますか、異論を持っていますので、ご意見に賛同は出来ません。

ただし、はっきりしているのは、自民党が進めようとしている憲法改正は、GAKUさまが望むような内容ではないということではないでしょうか?

もちろん自衛軍が無くても独立は出来ると思います。ただし、有事の際に他国に頼る事を前提に考えているような国なら、世界が独立国と認めないでしょう。特に日本は、主要国としてサミットに参加するほどの国なのですから。

自衛軍を持てば自立できるのかどうかと言われますが、逆に、アメリカの言いなりで本当の意味で独立・自立していなかった今までの状態が、間違っていると思いませんか?

現在改憲を支持する人は、基本的に私の考えに近いのだろうと思います(私見ですが)。それがもし、おっしゃるように自民党が違う方向に進もうとすれば、その時は政権交代させるだけです。日本は、自由選挙が保障されている国なのですから。

GAKU さま

>ただし、有事の際に他国に頼る事を前提に考えているような国なら、世界が独立国と認めないでしょう。

まず、「護憲派=自衛隊の否定」ではありません。そういう方ももちろんいますが、多くはそうではなく、専守防衛に徹し、個別的自衛権を発揮できる程度の自衛力を保持することに多くの方は反対していません。

護憲派が反対している共通項は、「集団的自衛権の行使を認め、アメリカと一緒に戦争する国になること」ではないかと思います。

また、憲法の規定は理想であり目標です。憲法前文で規定されているような積極的平和外交を進め、9条の規定の完全実施=武力の放棄の実現に向かう国際状況を自ら作り出していくというのが、憲法の思想なんだろうと思います。それ抜きに、単純に軍事放棄をせよという考えは、片手落ちだと私は思います。

憲法の思想を生かすには、アメリカ一辺倒の外交も当然見直す必要があります。ところが、自民党の新憲法草案は、ますますアメリカべったりで、軍事までアメリカの指揮下に入ってしまえる内容となっている。だから、私は反対しています。

あと、よく思うのですが、憲法改正に賛成か、反対か、ではあまり有意義な議論は期待できないでしょうね。具体的に、どういう改正に賛成か、反対かを議論しないとね。

憲法9条第2項があるにもかかわらず、自衛隊と言えども、事実上日本は立派な軍隊を持っていますよね。(個人的には明らかな、憲法違反だとおもっていますが。)
なのに、護憲派の多くの方々は、世界に先駆けた日本の平和憲法は、世界に誇れるすばらしい憲法だとおっしゃいます。
そこに私は、護憲派の方々の傲慢さや、偽善性を感じてしまいます(私の思い違いかもしれませんが)。私はそんな日本人でありたくないと、個人的には思っています。

アメリカ一辺倒の外交を見直すという意見は、もっともな意見であると思いますし、私もそうあるべきだと考えています。
そうするには、現状の日本のどこから変えていかなくてはいけないのか、真剣に日本人全体で考えていければいいですね。

現憲法が守られれば、日米関係は今のままでも良いという事ではなくて・・・。


プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。