スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑紫哲也さんの魂の声

癌で闘病をされている筑紫哲也さんが、本日のNEWS23の多事争論に声だけの出演で魂のメッセージを伝えていました。

内容は、あさっての投票に行きましょうという筑紫さんらしく、静かに語られた訴えでしたが、「今の危険な流れを食い止めるために、あなたの子孫の未来に責任を持つために、あなたに出来る最低限の責任(=投票)を果たそうではないか」、との魂からの熱い訴えとして、ズンと私に響いてきました。

私がこのように「九条の会」などで、憲法を変え、日本を戦争ができる国へと変えようとする政府権力に微力ながらも抵抗する運動に加わっているのも、実はそんな思いからなんです。

9条が変えられたからといって、私たちの世代が戦場に行くような事態になることはまずないでしょう。しかし、そのまま今の流れを放っておいたら、私たちの子や孫たちの世代にはどうなるか分かりません。その時、「お父さん(おじいさん)は、どうして9条を守ってくれなかったの?」と、問われてから後悔をしたくはないのです。歴史の傍観者や評論家でいることは簡単で楽ちんです。しかし、「茶色の朝」を迎えてからでは遅いのです。

今回の選挙の争点は沢山あります。しかし、年金の問題も、重税の問題も、介護や医療の問題も、低賃金の問題も、若者の雇用問題も、総て、『現行憲法がきちんと生かされているのか?』という問題でもあります。

日本国憲法は、その人なりにまじめに暮らそうとしている人が、健康であろうと病気であろうと、健常者であろうと障害者であろうと、明日の暮らしに不安を抱かず、家族と穏やかに、明るく未来に希望を持って暮らせるようにすることは、『国の責任』であるとしています。
そして、世界中の人々が平和で暮らす権利を有すると謳っている世界で唯一の憲法です。

今の、過労死、ワーキングプア、医療難民・介護難民、ネットカフェ難民、貧困による一家心中などの痛ましい事例は、まさに憲法が規定している最も大事な国民の命と生活を守るという責任を、国が果たしていないことに最大の原因があります。そして、この憲法軽視の政治の流れを変えることなしに、これらの問題を根本的に解決することは出来ません。ましてや、先の戦争は正しい戦争だったとし、戦前の国家体制を賛美し、現行憲法の価値観をまるごと否定する、安倍首相をはじめとする「靖国派」の議員たちに、これ以上この国の将来を任すわけには絶対にいきません。

みなさん、明日の投票に必ず行きましょう。
そして、今日一日、「憲法を守り、暮らしに生かそう」という政治家・政党への支持を広げてください。

それこそが、私たちが「未だ見ぬ世代」のために、今私たちがしなければならない責任だと信じます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小池百合子 疑惑、エコ・ライフ、台湾コネクション……エトセトラ

 人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。           ありがとうございました。m(_ _)m 小池百合子防衛相、この方

問われる自民党政治

 これほど自民党政治そのものが問われる選挙は記憶にない。以前、何度となく「保革逆転」とうたわれた選挙があったが現実味はなかった。 唯一現実味のあったのが、社会党の土井委員長の下で「一票一揆」と名づけて行われた1989

筑紫哲哉さんの言葉「とにかく投票にいきましょう」

この夏・・選挙が熱い!!人気ブログランキング政治部門も熱い!!デッドヒートするお玉な らんきーが アブナイ 喜八 をどうかよろしくです・・ さて、いよいよ明日は参議院選挙です。サロン・ド・北神戸 9条の会が昨日のニュース23での筑紫哲哉さんの声を紹介...

韓国ドラマ「砂時計」と参議院選挙とブログ

実は読書感想文を書こうと思ったのだが、思い直して途中までしか紹介していない韓国ドラマのことについて書きます。とは、いっても私のことだから先ずはそれとは全然関係ない話から。heliotropeさんの紹介による太田光征さんの記事の「民主党が比例区定数の削減という公約..

「よりマシ」じゃなくて「より良い」投票行動のために

新自由主義的自民党政権に心底怒りを感じる方に。真正面から痛打を喰らわす投票行動のために。決して近視眼的投票行動で怒りの痛打を空振り(ヘタするとカウンターもあるかもよ)に終わらせないために。 怒りの投票行動の前にちょっと頭を冷やして読んで欲しいエントリーだ

投票することとは~あたらしい憲法のはなし

 いよいよ参議院選挙の投票日です。 わたしたちの国に民主主義が本当に生きているかどうかを検証する大切な機会です。1947年(昭和22年)8月2日に文部省が発行した、  「あたらしい憲法のはなし」

二大政党制は格差社会の母

書評の結びは、「日本でもそう遠くない」。5月の終りの日曜日だったと思います。毎日新聞の書評欄からの切抜です。これが、冷戦勝利後の米国社会の必然的展開だったのだろう。もともとその内部に、左派勢力を持たない二大政党制国家ですからね。東側をぶちのめした以上、対

comment

管理者にだけメッセージを送る

はじめまして。くまさん経由で参りました。本当に憲法読んで、改悪しようとしてるのか疑問です。教育基本法でも格調高く素晴らしい内容だったのに。悔しくてたまりません。よろしくお願いします。おっしゃるとおりです。

コメントありがとうございます

hitomiさん、コメントありがとうございます。
また、こちらこそよろしくお願いします。

そうですね。教育基本法も、あの格調高い内容が、とても卑近で低俗なものになってしまいましたね。

「XXする態度を養う」が、「教育の目的」だなんて・・・あまりにもレベルが低すぎます・・・

自民党の新憲法草案も、立憲主義憲法として失格な内容ですし、そもそも、政府や与党には、「改正案」を作る資格なんてないはずなんですが・・・

選挙結果も素直に喜べない内容です。
それについては、記事を書こうと思います。
プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。