スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめて「新憲法」に触れる

会のニュースに掲載した、会の賛同者からの投稿記事を紹介します。
61年前、はじめて新憲法に触れた時の事の回想されています。


はじめて「新憲法」に触れる
~六十一年前の想い出~

 1945年(昭20)、ソ連とアメリカは北気三八度線を以て朝鮮半島を真横に切ってしまい、南北に分離した。北はソ連、南はアメリカが占領。敗戦の大混乱の中、北朝鮮にいたボク達は故国へ帰る路を閉ざされ、一年有余の難民生活の末、恐怖と困難とを乗り越え38度線を突破。引き揚げ船の待つ仁川(インチョン)港へ着いたのは、1946年の秋、10月。箱のような形をした戦標船の蚕棚のように仕切った船倉にほうり込まれ、それでも故国に向かう嬉しさいっぱいの人々を乗せて、船は韓国の西海岸をのろのろと南下していった。
 乗船2日目の夜だったか、「新憲法の話があるから集りなさい」という呼び出しが各船倉にあり、多くの人が船倉の一部を広くしたスペースに集まった。
 「新憲法?なんだろう」僕の頭の中には、徹底してたたき込まれた軍国主義教育のお陰で、あれほど惨めな思いをさせられた敗戦が身にしみていながら、まだ「憲法下、万世一系の天皇がこれを統治する。天皇は神聖にして侵してはならない」などがすぐに思い出され、どうもイメージが湧かない。とにかく聞いてみよう。
 話をした人は、旧満州のどこかの高等専門学校の校長とかいう人で温厚そうな紳士だった。おそらく乗船後、急ごしらえで集めた情報での話しだったのだろう、全く印象が薄いのだが、今でも二つだけはっきりと思い出す事がある。その一つ「男女同権」。はは~これで、おふくろはおやじにぶん殴られなくなるな、いや~実際僕の幼い頃は、母親はいつもおやじに怒鳴られっぱなし、そろばんで頭を殴られて血を出していた事を想い出す。その父親は、1942年(昭和17)、船長をしていた小さな貨物船と、一緒に徴用され、たった60トンそこそこの船で赤道を越えてソロモン諸島のラバウルまで行ったきり。死んだのか生きているのか何も分からない。もう一つは、おもしろい話。彼が若い頃留学中スウェーデンの学校で見た話だ。生徒はみんな机の上に恋人たちの写真を飾っているという。当時の学校はすべて男女別で、女子などが運動場に出た時に遙か遠望するくらいだったなあ、ボク達は。
 「新憲法」の一番大切な部分は何も分からないままのその晩だったか、これがボクが「新憲法」を知ったのではない、ちょっと触れたという話。本当に「新憲法」が見えてきたのは、ずっとずっと後、今でも本当に、解った!!とは言えないかも知れない。
(AF 07年5月21日)

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対する共同声明文の英語版

村野瀬@派遣秘書@ 私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対しますhttp://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/です。下に掲載するのは、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」の共同声

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。