スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の改憲草案

10月28日に、自民党の最終「新憲法草案」が発表になり、29日付け各紙の一面を飾った。ブログ・マガジン9条にもコメントがあるので、参照してくだされ。

焦点の9条については、「戦争放棄」の1項はそのままで、2項の「戦力保持」を削除し、「自衛軍の保持」が書き込まれた。集団的自衛権は(反発を恐れて)明文化こそ避けたが、「自衛権に含まれる」と解釈し、行使を容認している。
「集団的自衛権」の行使こそが、政府・自民党が、なんとしても実現したい憲法改正の本丸のポイントであるから、これ抜きの改憲は、彼らにとっては意味が無い。

この「集団的自衛権」とは何か?
これは「同盟国アメリカの敵を共同して攻撃する」ことを容認する事と同じ意味を持つ。つまり、イラク戦争の時のイギリスのような役割を日本が出来るようにする、という意味である。

何も、このことは、FungiFunが勝手に言っている事ではない。
自民党が公表している「憲法改正のポイント」や、アーミテージらアメリカ高官のレポートや発言から明らかとなっていることなのだ。
こんなとんでもない改憲案は、何としても潰さなければならない。
スポンサーサイト

theme : 平和憲法
genre : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お玉は政治家さんを信用できません

長くなりそうでしたので、ちいくまさんのコメントへのお返事もかねてここに書きます。 私たちのこういう風に改正して欲しいという意見を今の小泉政権が受け容れてくださるんだったらいいんですが・・今憲法改正で主流となっている考え方はお玉のブログのコメントで....

自民党新憲法草案の狙いは改正要件の変更にある

自民党の新憲法草案が出された。改正ポイントをまとめると(1)自衛権・自衛軍の明記(2)過去の裁判で不都合となった部分の改正(3)更なる改憲に向けた足がかり、という大きく分けて3つの変更箇所がある。このうち(1)と(2)は解釈改憲や最高裁の判例によってすで

comment

管理者にだけメッセージを送る

憲法9条

はじめまして。中3男子です。
ブログ訪問ありがとうございます。
やはり、戦争の惨禍は繰り返してはならないと前文にも明記されていますから、戦争はしてもいけないと思います。しかし、現代日本のように平和ボケした国家のままでは、必ず2次大戦を超える戦争が起こります。これには歴史的根拠もあります。
1919年に制定された当時、全世界で最も民主的憲法と呼ばれ、普通選挙と社会権を初めて認めたワイマール憲法。当時のドイツは、現代日本のような状況でもあったわけでありますが、あまりに平和ボケしていたため、アドルフ=ヒトラーのような独裁者が生まれてしまい、独裁国家となってしまったのです。ヒトラーのようになんでも、俺に任せれば大丈夫と断言している首脳に、人々はついていくのです。何がいいたいかというと、
「極端な平和の中からはいずれかならず独裁者が生まれる」
ということです。
そして、ヒトラーによって行われたユダヤ人種迫害政策においても、
ユダヤ人たちは「我々は平和主義者であり武器はもたない。」
などと行っていたため、あそこまで迫害されたのではないでしょうか。
やはり、それなりの戦力を保有していかなければ健全な国家は成り立たないと私は考えます。そして、政治や外交も軍事の延長線上にあると思いますので、やはり、日韓、日中、日朝関係においても軍事力は必要となってきますので、やはり自衛隊は自衛軍へと変わっていくべきだと思います。そして、日本にも徴兵制度を設けるべきだと思います。やはり、1年~2年程度軍隊のような過酷な世界で荒波にもまれければ、健全な人格は育たないと思います。現代、オタクやニート、引きこもりと呼ばれる人間が増えて、わけの分からない親が多くなってきています。そんな時勢だからこそ、私は徴兵制度を設けるべきだと思います。
一見このような意見を述べると、俺が戦争をやりたがっているように思えますが、私も戦争は嫌です。反対です。しかし、戦争を再び起こさないためにも、私は改正案に賛成します。

コメントありがとう

ディックさん、コメントありがとう。
それから、返信遅くなってごめんなさい。<(_ _)>

中3ですか~、いろいろ勉強してご自分の意見を持つのはとてもいいことだと思います。FungiFunおじさんも、あなたに近い考えを持った時期もあり、もっと正反対に「革命だー」みたいに振れた時期もあり、本や他人から学んだこと、自ら経験したことなどから今の立場に至ってます。もちろん、これからも徐々に変化していくでしょう。

その経験から、少しアドバイスさせてもらうと、まだ自分の意見を固定化しないで欲しいんです。他人の意見を批判的に検証するのはもちろんのこと、自分の結論も本当に正しかったのか、常に検証する作業を怠らないようにして欲しい。そして、少しでも疑いがあったら、本でも、信頼できる人でも、インターネットからでもいいから、それを調べてみることを忘れないで欲しいんです。世の中には、頭がカチンコチンになってしまって、他の貴重な意見を吸収できない勿体ない大人や、自分で物事の判断ができなくて人の意見に振り回されている大人が沢山います。でも、いろんな意見を見聞き吸収した上で、自分の価値観を構築して行った人は、聞き上手、話し上手で、言動には一貫性があります。
ぜひ、そういった大人になって欲しいと思います。
未来は君たちの者なんだから・・・頑張ってね。

追伸

例えば、検証しなおして欲しいものとして、

> 1919年に制定された当時、全世界で最も民主的憲法と呼ばれ、普通選挙と社会権を初めて認めたワイマール憲法。当時のドイツは、現代日本のような状況でもあったわけでありますが、あまりに平和ボケしていたため、アドルフ=ヒトラーのような独裁者が生まれてしまい、独裁国家となってしまったのです。

この情報の出所がどこなのかは知りませんが、少なくとも私が知ってる、ドイツがファシズムに流れてしまった理由とはかなり違っています。あの頃のドイツは、戦争責任の債務に悩まされ、展望の見えないとても重苦しい空気だったと聞いています。そのなかから、強いドイツを掲げるヒットラーが国民の熱狂的支持を集めていったと聞いています。
なんか、今の日本と似てますね。

是非、他の情報ソースも含めて、どうだったのか検証してみてください。

あと、平和ボケが戦争を生むなら、なぜ戦前の日本が戦争に走り、戦後は60年も平和な日本が戦争を起こしていないのかも説明できないといけないよ。ぜひ、いろいろ調べてみて、また寄ってみてください。

自衛隊は 軍隊なのか コイズミさん。

たった60年でまた軍隊復活。冗談じゃない
と思います。軍隊と自衛隊はやはり違うのではないか。コイズミが自衛隊は軍隊じゃないですア って言うてたけれど。自衛隊は軍隊ではないだろう。法律的に特に違う気がする。勉強したい。その差について。
プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。