FC2ブログ

被災がれきを焼却炉で処分した場合の被ばく量の試算

瓦礫の広域処理の足かせとなっているのは、受け入れ自治体住民の安全性への理解です。

「1Bqでも外部に漏れるのは認めない」という極端な意見をいう方は相手にしても埒があきませんが、大抵の方はこういうリスクの問題は程度問題で議論しないといけないことはご存知です。

つまり、現在の汚染や、日常の食事などからのセシウム汚染と比しても有意に大きな数字となれば、ちょっと待てよという話になる。一方、それらに比して遥かに小さい値、例えば千分の1のレベルという事が理解できれば、それなら心配する必要はないなという話になる。

だからこそ、私もまずは実際にどれほど外部に漏れるのかを科学的に検証させ、その数値を元に議論を始めましょうと主張していました。

しかし、最近、実際の焼却炉での実測値が公開されました。
http://kouikishori.env.go.jp/faq/haigasu_20120124.pdf

こちらの環境省の説明資料にも、同じデータが載っています。
http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_koiki_mat20120202.pdf

これにより、バグフィルターによる除去能力が確かめられましたが、この実測値がどのぐらい低い値なのかを別の角度から大雑把ですが試算してみました。

ND(検出限界以下)だと、それ以下であるということしか分からないので、唯一バグフィルター方式で検出限界を超えて数値が出ている数値を使うことにします。
福島市の「あらかわクリーンセンター」で10/27に測定されたデータを見ると、飛灰に約3万Bq/kgのCs137が含まれた瓦礫を燃やして、排ガスから0.007Bq/m3が検出されています。

規制値ぎりぎりの瓦礫だけを燃やすと8000Bq/kg(Cs134+Cs137)が残ると言われているので、上記の事例と同じ比率で排ガスとなると計算すると、約0.002Bq/m3の放射性Csが排ガスに含まれている計算となります。

では、例えばCs137が0.002Bq/m3含まれる空気を1年間吸い続けて過ごしたら被ばく量はどれ程になるかを計算してみます。

吸入摂取した場合のCs137の実効線量係数は6.7×10-6 (mSv/Bq)
成人1日あたりの吸入量は20m3なので、
1年間での被ばく量は、0.002Bq/m3 x 20m3 x 365 x 6.7mSv/Bq x 10-6 ≒ 10-4mSv = 0.1μSvとなる。

これは食事1回分の被ばくよりも少なく、事故前の自然放射線による1時間の被ばくと同程度です。
排ガスは実際には遥かに希釈されますし、そもそも瓦礫の平均含有量も規制値をずっと下回るでしょうから、焼却炉の近隣住民でさえ、さらに何桁も低い影響であろうと思われます。

これは、ほぼ完全に安全であると宣言して大丈夫な数値でしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー