スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がれき処理問題への提言

以下、とある巨大MLに管理人がした、被災地のがれき処理を他の自治体へ行う問題への提言を参考までにアップしておきます。なお、個人名は伏せています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸の〇〇です。

焼却炉からの放射性物質の放出問題は、まずは焼却炉での実験を市民が納得できる形で公開して行うのが、事の真偽を確かめる一番の方法ではないかと思います。
また、〇〇さんご紹介の記事も読んで見ました。

気化状態の金属はフィルターではキャッチできないというのはその通りだと思います。
問題は、焼却炉から本当に気化状態で出てくるのか?でしょう。

これに関して、金子勝氏が以下のようにツイートしていました。

「児玉龍彦氏に聞くと、排気中の放射線量の流量測定器を設置すればセシウム漏れをチェックでき、焼却炉の冷却金属除去システムと組み合わせ、HEPAフィルターをおいて飛灰の除去を徹底するとほぼセシウムは除けるそうだ。消却灰はコンテナにつめ人工バリア型処分場で長期間保管。希望の持てる話だ」


確かに、これまでも焼却炉からはセシウム(沸点671 °C)と同様に、気化しやすい重金属類の水銀(同356.73 °C)、カドミウム(同767 °C)、鉛(同1749 °C)などを除去できないといけないはずですし、有毒ガス類も、気化した金属も、フィルターだけでは除去できないはずなので、そうしたものも除去できるシステムが焼却炉にはあるはずだと思いました。

私もその辺は全く存じませんし、児玉氏の言う「冷却金属除去システム」が気になりましたので、焼却炉の仕組みについて調べてみました。

焼却で発生した排ガスは、そのままフィルターに行くのではなく、ダイオキシン類の再発生を抑制したりフィルターを保護するために、まずは重金属類の沸点よりずっと低い200℃まで冷却されるようです。それからそこに活性炭を吹き込んでこれらを吸着させたのち、フィルターを通して除去するそうです。それでも一部が気化してすり抜けてくる水銀などは、さらに排ガス洗浄装置で除くようです。
他にも、有害ガス類を除くための消石灰を吹き込むような工程もあるようです。
さらにこの活性炭での吸着率を高めるために、意図的に重金属類の化合物を作らせるという新たな方法もあるようです。

この工程が想定通り働くのであれば、フィルターに来る前に単体の気体ではなく、活性炭に吸着されているのでフィルターでキャッチできるという話になります。これが、児玉氏が解説していた事だと思います。

問題は、この想定通りにセシウムでも働くのか?でしょう。
これを誰もが納得できる形で実験して確かめる事が大事だと思います。

その結果、児玉氏の仰ることが事実だと確かめられれば、被災地にとっても、瓦礫を受け入れる側にしても朗報だと思います。
逆に、NGと分かれば、排ガスから分離する技術はどこで処理しようとも必要ですから、国をあげて研究する必要があります。

そもそも日本全国全く汚染されていない地域はありません。ゴミには常にK40が含まれ、さらには核実験のフォールアウトの時代から焼却炉ではずっと放射性物質が濃縮され続けてきたのですから、焼却物への放射性物質混入問題は、今に始まった問題ではなく、程度問題であることもこの問題を考察する前提理解としては必要ではないかと思います。

以上、この問題を考える上で参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。