スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントに答えて (911自作自演説)

デネットさんから、コメントいただきました。
また911自作自演説関連か~・・・うんざり・・・というのが本音なのですが・・・

以前のエントリーは、平和運動・護憲運動に、この「陰謀論の賛否」を持ち込む危険性を述べたものでした。
また、トラックバックを頂いた菊池誠氏のブログでも同様の懸念が示されていますね。

ここから、デネットさんのコメントにお返事しながら、911自作自演説(911陰謀論)の何を批判しているのかをもう一度明らかにしていきたいと思います。

>菊池誠さんのブログ(kikulog)に、こちらのサイトが紹介されていましたので、飛んできました。

はい、どうりでこんな超過疎ブログのアクセスが急に伸びたわけです。(^^ゞ

>読ませて頂きましたが、どうも自作自演へのご批判内容が希薄な感じがします。
>説得力に欠けます。

それは当然でしょう。そもそもここで自作自演説全てを論破しようなんて意図はないからです。
先のエントリーで述べようとしたことは、

1.科学的検証は、先入観を廃した、真摯な事実の検証のみから行われるべき。
2.平和運動・護憲運動に「陰謀論」への賛否を持ち込むな。

という点です。

あと、「重大な疑念がある」と盛んに仰いますが、疑念なんてものはその気になれば幾らでも作れますし、それ全てに答えられるわけがありません。事実の検証を真摯に進めていく中で、少しずつ謎は解けていくのでしょう。そして、例え説明不能な現象が残ったとしても、それはさらに説明不能で矛盾が広がる説の証拠とは全くなりません。

例えば、「活断層がないとされていたところに巨大地震が起きたのは、誰かが地下に水爆を仕掛けたに違いない」という説には可能性はあっても、それだけでは全く蓋然性がないのと同じです。で、大事なのは、「水爆を仕掛けた証拠を探す」というやり方は、科学的究明とは言わないのです。例えば、原子力研究所の研究員がたまたま震源地近くで亡くなったことまで、その証拠として陰謀論者は挙げるでしょう。でも、そのような先入観をもった分析は、もはや「科学」ではなく「捏造」です。

同様に、WTCの制御解体説に蓋然性がないことは明白です。
なぜなら、仮に陰謀なら、WTCに飛行機を衝突させただけで十分目的は達せられたはずであり、大きなリスクを冒してまで制御解体をするモチベーション・理由が全く見当らないからです。WTC7に至っては、WTC1,2を壊して、その上で、そんな目立たないビルをわざわざ苦労して制御解体する意味はないでしょ?という事です。

また、高速道路で沢山の目撃者がいたペンタゴンへのボーイング旅客機77便の衝突についても、911ビデオでは、その証言の一部だけを抜き出してミサイルだったと証言したかのような捏造をしていましたね。そのような意図的な捏造を一つでもしている時点で、もうそれは検討に値しません。
私は、目撃者の証言からも、残骸の写真からも、旅客機だったことは疑いの余地はないと思っています。
http://www.asyura.com/2003/war20/msg/636.html

でも、そういう都合の悪い証拠・証言は無視するのですよね。そういう立場は、科学的ではないと批判しています。

>「WTCビルの崩壊の徹底究明」(童子丸開著)を一度見て頂ければと思います。
>ただ、その時に何が起こったかを追求しています。

機会があれば見てみたいと思いますが、制御解体説の蓋然性の無さには答えてはくれないだろうと思います。

>このブログでも取り上げられている、いわゆる公式説に対する疑念を提出しています。

私の疑念は、「いわゆる公式説」(が何かも知りませんが・・・)などという以前の問題だと思いますよ。
いわゆる制御解体説を仮定すると、巨大な矛盾が噴出するので蓋然性がないと言っているのですからね。

>私は、上に書かれているご批判は、この著書の中で見事に粉砕されているように思えます。

ということは、ばれるというリスクを冒してまでWTCを制御解体した理由を示していただけているのでしょうか?もしそうでしたら是非読んでみたいとは思いますが、少し目次を見ただけで期待はずれな予感がします。

 第4章 第2ビル(南タワー)崩壊に関する事実
 (3)次々と正確に起こる爆風の噴出
        A: 噴出の様子
        B: NISTの珍説「空気ポンプ」


例えば、これは崩れ落ちる直下の窓から爆風が噴出していることを指していますよね。
私は「公式説」なるものがどう説明しているのかは知りませんが、最初に911ビデオを見たときから至極自然な現象に見え、あれを爆弾の爆風だとするビデオの解説の方が不自然だと感じておりました。なぜなら、あのような外周に鉄骨が配置されているビルでは、当然落ちてくる落下物の圧力に対し、鉄骨の支えも弱くて直接上階の重みがかかる床が先にドンと落ちるでしょう。すると、潰された階の空間にあった空気は当然窓の方向にしか逃げ道がありませんから、内側から吹き出すような窓や外壁の壊れ方が落下を先導するように発生するのは至極当然に思います。ペットボトルに軽く蓋をして一気に踏みつぶせば、蓋は遠くに飛ばされるのと同じです。小学生でも分る理屈です。多分、筆者はそれを「珍説」と呼んでいるのでしょうね。

また、
 第9章 「公式説」の超絶ウルトラ物理学 183
で語られているのは、こちらにあるような内容なのでしょう。
http://www.asyura2.com/07/war92/msg/428.html

ここではNISTの説明を論破したと言っていますが、その説明はおかしな所だらけで全然論破できていないようです。ご希望なら、どこがどうおかしいかを提示しても良いです。

ごく一部を見ただけでもこうなのですから、あまり期待はできなさそうに思います。

しかし、それ以上に問題なのは、この目次を見ただけでも、最初から「公式説」なるものを頭から否定しようとしています。そういった予断・意図の下に現象を分析したり、証拠集めをするのは、科学的検証とは言いません。まさに「水爆の証拠探し」と同じです。
これこそが、私が最初のエントリーで批判した911陰謀論の「非科学的」立場そのものなんです。

なお、以上は管理人FungiFunの個人見解ですので、会の公式見解ではないことはどうかご了解下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。