スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい・・・鈴木千恵さん殺害事件について思う

先日、なんともやりきれないニュースを聞いて、悔し涙が出た。

モンゴルのウランバートルで日本語学校の教師をしていた鈴木千恵さんが、マンホールに住んでいたホームレスの男に殺害された。わずか1700円を奪うために・・・

中日新聞の記事によると、


 モンゴルの首都ウランバートル市で7日、殺害されているのが見つかった北海道出身の鈴木千恵さん(38)。現地校で日本語教師を務めていたが、所持品の財布や携帯電話が奪われており、同日未明に友人宅を出た後、強盗殺人事件に巻き込まれたとみられている。
 日本との懸け橋になろうと海外に渡った彼女の死に、母校の愛知教育大(愛知県刈谷市)時代の恩師らは、声を詰まらせた。
 鈴木さんは1987年4月にスタートした愛知教育大の日本語教育コースの3期生で、当初から海外での活動を目標にしていた。
同コースで直接指導した岡田安代さん(64)=名古屋市昭和区=によると「親に負担をかけないように」と、アルバイトをしながらの学生生活だった。
 海外への意思が揺るぎないものになった転機は、大学卒業間際の父の死。当時、日本語教師だけで生活していくのは金銭的にも厳しく、残された母を思い「故郷の北海道に帰ろうか」と迷ってもいた。しかし、父は娘のために貯金を残していた。「志を貫くための貯金」。岡田さんはそう聞いている。母親も「続けなさい」と背中を押した。
 大学卒業後に青年海外協力隊員としてモンゴルに渡った。その後はロシアのハバロフスクに赴いたり、択捉(えとろふ)島など北方四島への専門家派遣で島民に日本語を教えた。日本語教師として暮らし、合間に北海道の実家や友人の多い愛知県に戻ってくる生活に。「モンゴルで教科書を作った」。帰ってくるたびに、仲間と集まっては現地の生活などについて語り合った。
 2004年、再びモンゴルに向かう前に、鈴木さんは仲間たちに手紙を出している。
 「前回、協力隊でモンゴルに行ったのが10年前。あのころよりも人として、教師として少しは成長しているはず。自分を信じて行ってきます」
 昨年、岡田さんが愛教大を退職。恩師を囲んだ同窓の集いに、モンゴルにいた鈴木さんは参加できなかった。「帰って来たらまた、みんなで集まりたいね」。仲間とそう連絡を取り合っていた鈴木さんの願いは、かなわなかった。




容疑者は精神障害の疑いがあり、殺すつもりは無かったと供述しているようだが、それならなおさら本当に命を奪わないでいて欲しかった。

鈴木さんのような、日本と海外の架け橋になろうとこんなにも献身的に行動されてきた素敵な方が、その命を奪われる。ましてや、その国の人に命を奪われてしまう・・・アフガンで殺害された伊藤和也さんと同様に、本当にやりきれない。ましてや、娘さんの意志を応援するための資金を遺して逝かれた父、大事な娘さんを送り出していた母の無念を思うと、本当に悔しくて、悲しい。

アフガン、イラク、ガザなどなど・・・世界中の紛争は止みそうにない。
そして、多くの子供たち、若者たちの尊い命が毎日奪われている。

そんなニュースを聞くたびに、
この子供たち、若者たちは、将来、鈴木さんや伊藤さんのような素晴らしい人に成長したかもしれない。世界の紛争をなくす仕事が出来た人がいたかもしれない。イスラエルとガザとの和平を実現できる人がいたかもしれない。エネルギー問題で、画期的な発明が出来る人がいたかもしれない。
って考えてしまう。

これは何も殺された子供たちだけじゃなく、貧困のため十分な教育を受けられず、その可能性を開花できずに放置されているものすごい数の子供たちにも同じ思いを抱く。

そういった人類未来の可能性をも、貧困、紛争、戦争は奪いとってしまうのだ。

もしかしたら人類とは、戦争を止めることができない愚かな生物なのかもしれない。
でも、人類の可能性を信じて、貧困も戦争もない、個々人がその可能性に挑戦できる社会こそが、人類の全可能性を花開かせられる社会なのであり、そんな社会を目指そうじゃないかというのが日本国憲法の精神なんだと思う。本人は意識していなかったのかも知れないけど、鈴木さんや伊藤さんの活動は、そうした憲法の理念に沿った活動だったように思う。

それだけに、そんな人類未来への架け橋になっていた彼らが犠牲になった事は、なおさら無念でならないのです。
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

コメントに答えて (911自作自演説)

デネットさんから、コメントいただきました。
また911自作自演説関連か~・・・うんざり・・・というのが本音なのですが・・・

以前のエントリーは、平和運動・護憲運動に、この「陰謀論の賛否」を持ち込む危険性を述べたものでした。
また、トラックバックを頂いた菊池誠氏のブログでも同様の懸念が示されていますね。

ここから、デネットさんのコメントにお返事しながら、911自作自演説(911陰謀論)の何を批判しているのかをもう一度明らかにしていきたいと思います。

>菊池誠さんのブログ(kikulog)に、こちらのサイトが紹介されていましたので、飛んできました。

はい、どうりでこんな超過疎ブログのアクセスが急に伸びたわけです。(^^ゞ

>読ませて頂きましたが、どうも自作自演へのご批判内容が希薄な感じがします。
>説得力に欠けます。

それは当然でしょう。そもそもここで自作自演説全てを論破しようなんて意図はないからです。
先のエントリーで述べようとしたことは、

1.科学的検証は、先入観を廃した、真摯な事実の検証のみから行われるべき。
2.平和運動・護憲運動に「陰謀論」への賛否を持ち込むな。

という点です。

あと、「重大な疑念がある」と盛んに仰いますが、疑念なんてものはその気になれば幾らでも作れますし、それ全てに答えられるわけがありません。事実の検証を真摯に進めていく中で、少しずつ謎は解けていくのでしょう。そして、例え説明不能な現象が残ったとしても、それはさらに説明不能で矛盾が広がる説の証拠とは全くなりません。

例えば、「活断層がないとされていたところに巨大地震が起きたのは、誰かが地下に水爆を仕掛けたに違いない」という説には可能性はあっても、それだけでは全く蓋然性がないのと同じです。で、大事なのは、「水爆を仕掛けた証拠を探す」というやり方は、科学的究明とは言わないのです。例えば、原子力研究所の研究員がたまたま震源地近くで亡くなったことまで、その証拠として陰謀論者は挙げるでしょう。でも、そのような先入観をもった分析は、もはや「科学」ではなく「捏造」です。

同様に、WTCの制御解体説に蓋然性がないことは明白です。
なぜなら、仮に陰謀なら、WTCに飛行機を衝突させただけで十分目的は達せられたはずであり、大きなリスクを冒してまで制御解体をするモチベーション・理由が全く見当らないからです。WTC7に至っては、WTC1,2を壊して、その上で、そんな目立たないビルをわざわざ苦労して制御解体する意味はないでしょ?という事です。

また、高速道路で沢山の目撃者がいたペンタゴンへのボーイング旅客機77便の衝突についても、911ビデオでは、その証言の一部だけを抜き出してミサイルだったと証言したかのような捏造をしていましたね。そのような意図的な捏造を一つでもしている時点で、もうそれは検討に値しません。
私は、目撃者の証言からも、残骸の写真からも、旅客機だったことは疑いの余地はないと思っています。
http://www.asyura.com/2003/war20/msg/636.html

でも、そういう都合の悪い証拠・証言は無視するのですよね。そういう立場は、科学的ではないと批判しています。

>「WTCビルの崩壊の徹底究明」(童子丸開著)を一度見て頂ければと思います。
>ただ、その時に何が起こったかを追求しています。

機会があれば見てみたいと思いますが、制御解体説の蓋然性の無さには答えてはくれないだろうと思います。

>このブログでも取り上げられている、いわゆる公式説に対する疑念を提出しています。

私の疑念は、「いわゆる公式説」(が何かも知りませんが・・・)などという以前の問題だと思いますよ。
いわゆる制御解体説を仮定すると、巨大な矛盾が噴出するので蓋然性がないと言っているのですからね。

>私は、上に書かれているご批判は、この著書の中で見事に粉砕されているように思えます。

ということは、ばれるというリスクを冒してまでWTCを制御解体した理由を示していただけているのでしょうか?もしそうでしたら是非読んでみたいとは思いますが、少し目次を見ただけで期待はずれな予感がします。

 第4章 第2ビル(南タワー)崩壊に関する事実
 (3)次々と正確に起こる爆風の噴出
        A: 噴出の様子
        B: NISTの珍説「空気ポンプ」


例えば、これは崩れ落ちる直下の窓から爆風が噴出していることを指していますよね。
私は「公式説」なるものがどう説明しているのかは知りませんが、最初に911ビデオを見たときから至極自然な現象に見え、あれを爆弾の爆風だとするビデオの解説の方が不自然だと感じておりました。なぜなら、あのような外周に鉄骨が配置されているビルでは、当然落ちてくる落下物の圧力に対し、鉄骨の支えも弱くて直接上階の重みがかかる床が先にドンと落ちるでしょう。すると、潰された階の空間にあった空気は当然窓の方向にしか逃げ道がありませんから、内側から吹き出すような窓や外壁の壊れ方が落下を先導するように発生するのは至極当然に思います。ペットボトルに軽く蓋をして一気に踏みつぶせば、蓋は遠くに飛ばされるのと同じです。小学生でも分る理屈です。多分、筆者はそれを「珍説」と呼んでいるのでしょうね。

また、
 第9章 「公式説」の超絶ウルトラ物理学 183
で語られているのは、こちらにあるような内容なのでしょう。
http://www.asyura2.com/07/war92/msg/428.html

ここではNISTの説明を論破したと言っていますが、その説明はおかしな所だらけで全然論破できていないようです。ご希望なら、どこがどうおかしいかを提示しても良いです。

ごく一部を見ただけでもこうなのですから、あまり期待はできなさそうに思います。

しかし、それ以上に問題なのは、この目次を見ただけでも、最初から「公式説」なるものを頭から否定しようとしています。そういった予断・意図の下に現象を分析したり、証拠集めをするのは、科学的検証とは言いません。まさに「水爆の証拠探し」と同じです。
これこそが、私が最初のエントリーで批判した911陰謀論の「非科学的」立場そのものなんです。

なお、以上は管理人FungiFunの個人見解ですので、会の公式見解ではないことはどうかご了解下さい。

言論の自由?

自民党の中川政調会長が「日本の核武装について議論が必要だ」と発言し、それを麻生外務大臣が容認したことを批判されている問題で、ネット上の一部に、憲法の「言論の自由」に照らして、議論するのを問題視するのはおかしいという意見が散見されるようです。

ご存知のように「非核三原則」は日本の国是として、自民党も、当の中川氏も認めていることです。つまり、「日本の核武装」は、歴代の政府・国会により明確に否定されていて、国政の場においては議論の余地の無い事柄です。憲法の基本原則である「人権の尊重」が、国政の場において議論の余地が無いのと同じですね。

そこで大事なのは、国民が自由に議論する事と、政府・与党の幹部が、国政の場において議論しましょうと提案する事とは、全く異なるということです。

国政の場で「議論しましょう」と政府・与党の幹部が言うのは、自ら国是として守りますと言っている事に反して、これを見直す方向での議論を始めよう、つまり見直す検討をしましょうと言ったのと同じなのです。政府の国是として確定している事柄についての「議論」というのは、「見直しを検討」という意味なのです。決して純粋な議論を指してなどいないのです。

つまり、与党幹部が実質的に国是を見直そうと発言したことが批判されているのであって、「表現の自由」云々とはなんら関係ないのです。

theme : 日本の核保有
genre : 政治・経済

オセロじゃないが「気になる~」こと

しばらく前から気になっていることがあります。

グローバル・ピース・キャンペーンを主催しているきくちゆみ氏らが各地の平和集会などでも盛んに広めている「911事件陰謀論」についてです。「週間金曜日」でもよく取り上げられています。
私たちの9条の会でも、きくち氏らが広めている「911ボーイングを探せ」などの映画を見たという人も増えてきました。ご存じない方もいるかとも思うので、簡単に彼らの主張の中身をまとめると以下のようなものです。

* 911事件は、アメリカの自作自演だ
* テロ突入犯人は今も生きている
* 世界貿易センタービルは爆薬によって崩壊した
* ペンタゴンに突っ込んだのはボーイングではなくミサイルだ

more...

戦争を語りつぐプロジェクト60

以下のようなメールを頂きました。
私たちの会にも、多くの戦争体験者がいらっしゃいますが、その方たちの証言をどう共有し、残していくか、私たちの会の課題でもありますね。



北神戸九条の会 御中

はじめまして。日々は平和憲法擁護のためご活躍くださりご同慶の至りです。私自身も「九条の会・奈良」の呼びかけ人になっています。

今年も61回目の原爆記念日が過ぎ、8月15日はことのほか戦争と平和についての論議が盛り上がったようです。しかし、どんな主張でも過去の歴史や戦争の実態を知らないままでは感情論に終始してしまいます。

私どものサイトでは、この時節に符合するかのように寄稿された長崎の被爆体験記を掲載していますので、 ぜひお読み下さい。あのキノコ雲の下でどんな悲劇が繰り広げられていたか、その日その時キノコ雲の真下にいた被爆者による迫真の証言です。
http://www.geocities.jp/shougen60/

私どもは2年前からボランティアに徹して<戦争を語りつぐ60年目の証言>サイトを立ち上げ、男女を問わず72名の高齢者から取材した生々しい戦争体験を掲載し、現在のべ7万9千人超のアクセス数になっています。

なにとぞ戦争を語りつぐことの大切さをご理解くださり、会員の皆様方へのご紹介あるいはリンク にご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

まずはご案内とご挨拶まで。

戦争を語りつぐプロジェクト60

theme : 戦争・原爆
genre : 政治・経済

トリノ・オリンピック

トリノオリンピックが始まりましたが、開会式をご覧になりましたか?

世界平和への願いに溢れていて、とても感動しました。
特にオノ・ヨーコさんが登場して平和へのメッセージを訴えて、ジョン・レノンのイマジンが歌われたときには胸が熱くなりました。

一回聞いただけなので不正確ですが、大体次のような内容のメッセージでした。

世界中の人々を想像しよう。
忘れないで、一人一人が世界を変える力を持っていることを。
今こそ、平和のために行動すべきときだ。
そうすれば、平和な世界を必ず実現できる。


勇気を貰いました。私たちも、まず行動することを大事にしたいですね。

theme : トリノ五輪!!
genre : スポーツ

プロフィール

FungiFun

Author:FungiFun
北神戸「9条の会」の公式ブログへようこそ!
質問、連絡は管理人(funkyfungifun-blog@yahoo.co.jp)まで

FC2 Blog Ranking
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ

9条守ろう!ブロガーズ・リンク マガジン9条 市民意見広告運動 9条の会

訪問者の数

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。